貞明(チョンミョン)公主の生涯5!『華政』(ファジョン)の主人公

このエントリーをはてなブックマークに追加

大義名分が必要だった

綾陽君は苦悩した。
彼はクーデターを成功させたが、光海君に政治的な失敗があったわけではない。むしろ、光海君は善政を行なっていたと言っても過言ではなかった。
そんな光海君を王宮から追放すれば、ただの反逆と受け取られかねない。それだけに、綾陽君は大義名分がほしかった。
その大義名分とは、仁穆王后に「光海君は兄弟たちを殺し、正統的な王でない」と宣言してもらうことだった。




つまり、仁穆王后のお墨付きがほしかったのだ。そのためには、仁穆王后の意向には逆らえない。
しかし、光海君を斬首にするというのは別の話だった。そんなことをすれば、クーデターこそが非道のそしりを受け、新しい王位は批判にさらされるだろう。
どうすれば、いいのか。
綾陽君は必死に仁穆王后を説得した。(ページ4に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯6!『華政』(ファジョン)の主人公

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執
https://goo.gl/Imwzll

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?
https://goo.gl/q7WhBu

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ページ上部へ戻る