なるほど解説!韓国料理の基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

唐辛子が朝鮮半島に入ったのは?

たくさんの美味しい料理が出てきた『宮廷女官 チャングムの誓い』。このドラマを見ていると、キムチがまったく出ないことに気づくだろう。キムチといえば、韓国料理を最も象徴する漬物。それがなぜ出てこないのか。
実は、チャングムが実在した16世紀前半には、まだ韓国に唐辛子がなかったのである。もともと、唐辛子はメキシコが原産地。それが、世界に広がるきっかけをつくったのはコロンブスだった。




15世紀の末に彼の新大陸発見が契機となって、タバコとともに唐辛子もヨーロッパに持ち込まれるようになった。それから長い時間をかけて唐辛子が日本や朝鮮半島にもたらされたのは16世紀末。チャングムが生きた時代より数10年後だった。
そんな事情があって、『宮廷女官 チャングムの誓い』には唐辛子を使った料理がまったく出てこない。けれど、かえって韓国料理の多彩な調理方法が堪能できて、辛いだけが韓国料理でなかったことが心から実感できる。(ページ5に続く)

ページ:
1 2 3

4

5

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る