なるほど解説!韓国料理の基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国料理というと、どうしてもキムチと焼肉のイメージが強いけれど、本質は、自然の風味豊かな食材を多彩な調理方法で仕上げていくところ。今回は、ヘルシーな韓国料理の真髄を紹介しよう。

DSC_0003

生きることは食べること

ソウルへ行って食堂に入った日本人がまずびっくりするのは、何を注文しても無料のお通しが次から次へと出てくることだ。数種類のキムチ、ナムル(韓国風の野菜のあえもの)、サラダ、小魚、塩辛などがすぐに用意される。それに箸を付けていると、やがてメインディッシュが出てきて食卓は華やかな祝宴のようになる。




とにかく、テーブルに並びきれないほどの料理が出てくるのがコリアンスタイル。「生きることは食べることだ」と思えるほどに韓国の人は食にどん欲で、これまでにすばらしい料理を伝統的に受け継いできた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る