『華政(ファジョン)』に登場!光海君(クァンヘグン)の実像〔第1回〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

明が調査団を派遣

実母である仁穆王后としても、ぜひ永昌大君を次の王にしたかったことでしょう。しかし、永昌大君はまだ2歳で言葉も満足に話せません。これでは、王の後を継ぐことはできません。




予定通り1608年に光海君が15代王として即位しました。明は「兄がいるのになぜ弟が王を継ぐのか。しかも、正室が産んでいる息子もいる。光海君が王になる根拠が希薄だ」という理由で、なかなか王位継承の許可を出しません。
そのうち、明が調査団を派遣することになりました。こういう事態となり、光海君は焦りを感じました。

(第2回に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)
出典=電子書籍版『康熙奉講演録/朝鮮王朝で一番知りたい話』

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

「華政」に登場!流刑地で世を去った光海君(クァンヘグン)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ページ上部へ戻る