朝鮮王朝おもしろ人物列伝(元敬〔ウォンギョン〕王后編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

寂しい晩年を過ごした王妃

太宗は、王の後継者の母親である元敬王后を廃妃にしてしまうと、朝鮮王朝に多大な影響が及ぶと思って元敬王后を廃妃にしなかったのである。
こうして廃妃をまぬがれた彼女をさらなる悲しみが襲う。四男の誠寧が14歳という若さで世を去ってしまったのである。彼女は息子の死を深く悲しんだ。




元敬王后にとって唯一の救いは、三男の忠寧が1418年に4代王・世宗(セジョン)として即位したことだ。彼女は、それを喜んだが2年後の1420年に亡くなった。享年は55歳であった。
夫の太宗は非情であったが、朝鮮王朝の基盤を作った。息子の世宗は最高の名君と評された。それもすべて、元敬王后の犠牲の上に実現したのかもしれない。

文=康 大地(コウ ダイチ)

元敬王后(ウォンギョンワンフ)の悲しみ!朝鮮王朝王妃側室物語2

https://goo.gl/xu2KMi

イ・バンウォン(李芳遠)は実力で3代王・太宗(テジョン)になった!

https://goo.gl/KE4N4a

〔物語〕イ・バンウォン(李芳遠)の人生!朝鮮王朝の3代王

https://goo.gl/F6ftcu

イ・ソンゲ(李成桂)とイ・バンウォン(李芳遠)!朝鮮王朝を作った親子の確執

https://goo.gl/sCGNnT

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る