42年前の悲劇が崔順実事件の始まりだった

このエントリーをはてなブックマークに追加

極端な危険人物

悲劇とは、在日韓国人男性が独立記念日の式典にもぐりこみ朴正熙(パク・チョンヒ)大統領を狙撃した出来事だった。その流れ弾が朴正熙大統領の夫人に当たり、夫人は亡くなってしまった。
悲しみに暮れる若き日の朴槿恵大統領。彼女をなぐさめる形で崔太敏が言葉たくみに近づき、2人は急速に親しくなった。崔太敏が誘導して傷心の娘をマインド・コントロールしたことが推察される。




『実録KCIA~南山と呼ばれた男たち』によると、当時のKCIA(韓国中央情報部)は、崔太敏が詐欺や横領の常習犯であることをつかんでいた。とにかく、利権介入からセックス・スキャンダルまで、崔太敏の違法行為は非常に多かった。
彼を極端な危険人物と認定したKCIAは、朴正熙大統領の家族から絶対に離さなければならないと考え、事実をありのままに朴正熙大統領に報告した。
しかし、若き日の朴槿恵大統領が崔太敏をかばい続け、逆にKCIAが恥をかく結末となってしまったという。(ページ3に続く)

朴槿恵スキャンダルは大スクープから始まった!

朴槿恵スキャンダルで急に『太陽を抱く月』を思い出した理由

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る