BIGBANGのT.O.Pが受けた義務警察の選抜試験とは?(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ソウル地方警察庁の義務警察選抜試験を10月25日に受けたT.O.P。その選抜試験というのは、適性検査、身体検査、体力検査、特技検査の4部門で構成されている。具体的に内容を見てみよう。

義務警察は兵役対象者のための警察組織だ

義務警察は一般社会の安全に貢献している

体力検査の合格基準

適性検査というのは、本人の精神状態を把握するための検査で、身体検査は健康状態を確認するための検査である。
徴兵検査で1級から3級までの判定を受けて「現役兵が相当」と認められた人は特に問題とならない。T.O.Pも難なくクリアしたことだろう。




体力検査は「100メートルを18秒以内で走る」「助走なしの幅跳びで160センチ以上を跳ぶ」「腹筋を1分間に20回以上」「腕立て伏せを1分間に20回以上」といった合格基準が設けられている。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る