「誠実で、黙々と自分の道を行く」と評された東方神起ユンホ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今のユンホを評する言葉

楊州市民のどれほど多くの人が、26師団にユンホがいることを誇りに思ったことか。その点で、彼は兵士であると同時に、たぐいまれな音楽家でもあった。
しかも、彼には「素敵な怪物になる」という目標がある。そのためには「黙々と自分の道を行く」ことが絶対に欠かせない。
そういう意味でも、ユンホのことを「黙々と自分の道を行く歌手」と評するのは、彼の今をよく表している評価だと思える。




ファンのさりげないコメントの中に、万の思いを代弁する一言がある。
「どこにいても誠実で、黙々と自分の道を行く歌手だと思える」
現在のユンホを評して、これほど的確な言葉が他に思い浮かばない。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
写真=K.Nishigaki 、H.Kato

対談!今年の地上軍フェスを語ろう(第1回ユンホ編

東方神起ユンホとチャンミン!兵役の月給は?

ページ:
1 2 3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る