地上軍フェスティバル最新リポート!10月2日編

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今年の地上軍フェスティバルは韓国中部の鶏龍(ケリョン)市の非常滑走路で10月2日に開幕した。東方神起のユンホや俳優のイ・スンギが中心的な役割を果たし、イベントは大いに盛り上がった。

ステージで歌を披露する東方神起のユンホ

ステージで歌を披露する東方神起のユンホ

zghaysqhqggevdw1475459881_1475459977

イ・スンギが会場を大いに盛り上げた

ファンの願いが天に通じた

地上軍フェスティバルの開会式は、午前中、鶏龍市の非常滑走路に設けられたメイン会場で行なわれ、イ・スンギとユンホが登場してファンの喝采を浴びた。




なお、この日は雨が予想され、午後の公演は会場を大講堂に変更することになっていたが、観客700人の枠に3500人あまりが集結。見られない人が続出しそうだったが、結局は天気も大丈夫そうだということで、直前になって野外のメイン会場に変更された。大きなハプニングではあったが、そのおかげで、あきらめていた多くのファンが公演を見られることになった。

午後には日が差して、暑いくらいだった。参加している多くの人の気持ちが天に通じたのかもしれない。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る