「両班」を知れば韓国社会がわかる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

生きている両班

柳成龍は公職者として清廉な生活をした。彼が世を去るときは、葬礼をする金さえなかったという。彼は中央の漢陽(ハニャン/今のソウル)でも、官職を務めながら自分の家がなく、借家に住んでいた。引退後も、故郷に草庵を作って余生を送った。

これだけの人物なら、様々な誘いを受け、財物も届けられるだろう。しかし、柳成龍は乱れなかった。当時は当然とされた妾もいなかった。自分の人間性を磨き、誰にも恥じない生活を送ったのだ。

柳成龍は戦乱という危機の中で、国と民のためにすべてをかけられる強さを持ち、同時に子女を可愛がって大事にする優しさも併せ持っていた。まさに、朝鮮王朝最高の人物だった。

柳成龍の家門は今も続いている。




しかし、時は流れ、時代も変わった。

そんな中で、韓国人だったら誰もが知っている偉人を輩出した名家の家風は、今はどのようになっているのだろうか。

古い名家だというと何となく、「田舎にこもって世間を知らないまま、頑固に昔の古い掟にしばられている」と思ってしまうが、豊山柳氏は違う。柳成龍の教えである「学問を重んじて自己修養に励む」という姿勢は今も変わりなく続いている。

しかしながら、伝統の家門だといっても旧来の主張を繰り返す雰囲気はなく、新しいものを学んで、それを取り入れながらも根本を忘れないしなやかさを持っている。

このような家風のもとで、豊山柳氏は過去の中の名家ではなく、現代の生きている名家として、政界や財界を含めた韓国の社会全域で活躍している。

その中で特に知られているのがリュ・シウォンだ。名家の子孫である彼が、今もタンタラ(芸能人を見くびっていう俗語)と言われている芸能界に入ったのは、豊山柳氏の一族が変化を恐れない「生きている両班」だからであろう。

文=「ロコレ」編集部

「張禧嬪(チャン・ヒビン)よりトンイが悪女!」と言える3つの根拠

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(21代王・英祖編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(11代王・中宗編)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る