「両班」を知れば韓国社会がわかる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

諸葛孔明よりも優れた人物

柳成龍は朝鮮王朝518年の間でも中興の名宰相といわれたほどの政治家で、同時に優秀な学者だった。

25歳で科挙に合格してから、総理大臣に当たる領議政(ヨンイジョン)にまで上った柳成龍は政治家としても有名だが、学問においても中国の学者たちから先生と呼ばれたほどの最高の知識人だった。リュ・シウォンは柳成龍の13代目の子孫に該当する。

なお、柳成龍は、日本とも深い関わりを持っている。

というのは、彼は1592年に豊臣秀吉軍が攻めてきたときに、総理大臣として活躍して国を守ったのである。当時、200年間戦争を知らないまま平和に暮らしていた朝鮮王朝は、戦国時代を経て最強の軍事力を持った日本になすすべもなく攻められた。そんな状況の中で柳成龍は危機に処した国を救うため、政治や外交、軍事のあらゆる面で手腕を発揮した。彼は混乱した情勢の中で対立した意見を仲裁し、知られざる人材を発掘して積極的に登用した。




彼の師で当代最高の学者だった李退渓(イ・テゲ)は柳成龍を「天から授けられた人材」と評したし、主君である朝鮮国王の宣祖(ソンジョ)は柳成龍を諸葛孔明よりも優れた人物だと称賛した。

このように、国の中心に立ってめざましい活躍をしていた柳成龍だが、一家の主としては優しい父で、率先垂範して家の中に読書する雰囲気を作っていた。

最高位の公職にいた彼だが、子女たちによく手紙を出して励ましながらも、ときには叱り、ときには助言するのを忘れなかった。一国の総理大臣を務めながら、しかも戦乱の中に5人もの息子の学問にいつも気をつけるというのは普通の人では真似ができないことだろう。(ページ4に続く)

「張禧嬪(チャン・ヒビン)よりトンイが悪女!」と言える3つの根拠

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(21代王・英祖編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(11代王・中宗編)

ページ:
1 2

3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る