負傷した東方神起ユンホ!その対応は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

9月上旬に韓国で開かれた「防衛産業展」。最終日の10日に組まれていた公演にはユンホの出演も噂されていたが、結局は彼の登場がなかった。ケガの影響ではないかと言われている。彼のように兵役中に負傷した場合には、どのような対応が取られるのか。

一般的に、軍務中のケガに対しては万全の治療態勢が整っている

一般的に、軍務中のケガに対しては万全の治療態勢が整っている(写真=韓国陸軍公式サイトより)

兵役中にはケガが多い

軍隊では毎日きびしい訓練があるので、それだけケガをする割合も高くなっている。

兵役中の芸能人のケガで思い出すのはウォンビンだ。彼は2005年11月に陸軍に入隊したが、膝の靱帯を負傷して軍務の続行が不可能になった。

その結果、2006年6月にわずか半年あまりで除隊となったが、国民に正式に謝罪して、以後は3年ちかくも作品に出ないで謹慎生活を送っている。よほど不甲斐ないと思ったのだろう。




2011年3月に海兵隊に入隊したヒョンビンも、軍務中にずっとケガに悩まされた。海兵隊は軍隊の中で一番訓練がきびしいことで有名なところ。名物になっているのが、長い丸太の棒を集団で抱えて膝の屈伸を繰り返す訓練。これでヒョンビンも膝を痛めてしまい、とても苦しんだ。

彼はこう述懐している。

「私が倒れてしまったら、同じように倒れる人が出てしまいます。それではいけないので、必死に耐えました」

この言葉を聞くだけで、ヒョンビンがいかに大変だったかがわかる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る