朝鮮王朝おもしろ人物列伝(12代王・仁宗編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

仁宗として即位した峼

1544年、峼は病気になった父親の中宗を必死に看病するが、その甲斐もなく中宗は世を去ってしまう。父親の死を深く悲しんだ峼は、それから5日間は飲み物を飲まなかった。それが噂として広まると、人々は彼をとても親孝行な息子だと讃えた。

その一方で、側近たちは「このままでは、いつか倒れてしまう」と心配した。実際に少しずつ体調を崩していった峼は、12代王・仁宗として即位しても、体調が悪いままだった。




その原因が看病疲れであることは、誰の目から見ても明らかだった。それでも、仁宗は父親の死は自分の責任だと、自らを責め続けた。周りの者たちは王の心配をしていた。

しかし、自分の息子を王にすることだけを考えていた文定王后は、仁宗に対して冷たい態度を取った。最初の火事で仁宗の殺害に失敗していた彼女は、王を毒殺することを考えていたと思われる。

朝鮮王朝27人の王の中には、毒殺された可能性のある王が何人かいるが、仁宗もその1人である。彼が亡くなったときの出来事を見てみよう。(ページ3に続く)

文定(ムンジョン)王后が継母だったことが仁宗(インジョン)の悲劇!

https://goo.gl/PxFnjP

極ワルの文定(ムンジョン)王后/朝鮮王朝悪女列伝3

https://goo.gl/s1L1ya

中宗(チュンジョン)の正体!嫌々王になって最後まで影が薄かった

https://goo.gl/bTq7mF

文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母

https://goo.gl/3ANwgo

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る