朝鮮王朝おもしろ人物列伝(12代王・仁宗編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第24回 毒殺された可能性のある王

仁宗(インジョン)は、27人の王の中でもっとも親孝行した立派な人物なのだが、性格はかなりのお人好しだ。しかし、その性格を利用されて、彼は自分の命を危険にさらしてしまう。

中宗が世を去った昌慶宮の歓慶殿。ここで仁宗は自分の身体を悪くするくらいに中宗を看病した

中宗が世を去った昌慶宮の歓慶殿。ここで仁宗は自分の身体を悪くするくらいに中宗を看病した

親のために死を選ぶ覚悟

1515年、峼(ホ)は、11代王・中宗(チュンジョン)と二番目の正室である章敬(チャンギョン)王后の間に生まれた。しかし、章敬王后が出産から6日後に亡くなってしまったため、彼は三番目の正室である文定(ムンジョン)王后に育てられた。

その文定王后が、1534年に息子の慶源大君(キョンウォンデグン)を産んだ。彼女は「自分の子を王にしたい」と思ったが、前妻の子で世子(セジャ)に指名されていた峼がいたため、それは難しかった。それでも文定王后は諦めず、世子を亡き者にしようとして、峼が妻と休んでいた宮殿に火を放った。




異常な熱気を感じた峼は、火事に気付いて妻に先に逃げるように言うと、宮殿の中で座った。その火事が文定王后の起こしたものだと見抜いていた彼は、自分の死を望む親のためにと、自ら死を選んだ。

峼の妻は、そんな夫の行動に驚きを隠せなかった。さらに、妻は「夫を見捨てて逃げるわけにはいかない」と思い、一緒に宮殿の中に残った。しかし、夫婦は宮殿が崩れ落ちる前に助け出されたため、文定王后の策は失敗に終わる。(ページ2に続く)

文定(ムンジョン)王后が継母だったことが仁宗(インジョン)の悲劇!

https://goo.gl/PxFnjP

極ワルの文定(ムンジョン)王后/朝鮮王朝悪女列伝3

https://goo.gl/s1L1ya

中宗(チュンジョン)の正体!嫌々王になって最後まで影が薄かった

https://goo.gl/bTq7mF

文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母

https://goo.gl/3ANwgo

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る