日本と違う韓国のビックリ26

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間に遅れるわけにはいかない

韓国も確実に変わってきた。

相変わらず、時間に遅れた理由を「渋滞」になすりつけているのは、40代以上かもしれない。

若い人たちは、中年以上の世代に比べると、時間をきっちり守るようになってきた。そこには、携帯電話の普及が大きく関係しているに違いない。

なんでも情報を瞬時に得られる時代だ。待ち合わせに遅れないために何時に出掛ければいいかは、携帯電話が教えてくれる。そこまで情報が行き届いているのに、あえて時間に遅れようとする人は珍しいだろう。




社会からも、おおらかさが失われつつある。若者の失業率は高く、大学を卒業しても正社員に就けない人は多い。そんな時代に、のんびりコリアンタイムで生活していたら、多くのチャンスを失うことになってしまう。みんな必死なのである。

考えてみれば、コリアンタイムが許された時代は、人々の気持ちにゆとりがあったのかもしれない。

かつてはなかったのに、今は割り勘が増えている。なんでも、きっちりするようになってきた。時間も同様である。「渋滞」はもう理由にできないのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

日本と違う韓国のビックリ27

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本と違う韓国のビックリ28

日本と違う韓国のビックリ

ページ:
1 2 3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る