韓国のベストセラー『人生の授業』に大いに勇気づけられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国でベストセラーになる本を見ていると、日本とは売れ方がかなり違うと実感する。まず、詩集がよくランキングの上位に顔を出す。日本では詩集はまったく売れないが、韓国では詩集が「よく売れるジャンル」の1つになっている。このように、詩が好きな国民性なのである。

法輪著『人生の授業』

法輪著『人生の授業』

法輪が語る人生哲学

もう1つ、日本との違いを実感するのは、僧侶が人生哲学を述べる本がしばしばベストセラーになることだ。

お釈迦様の誕生日が祝日(旧暦の4月8日で今の暦では5月中旬になることが多い)になる国では、僧侶の教えが国民の支持をよく受けている。

そんな僧侶の中で特に人気が高いのが法輪(ポムリュン)である。




この人が2013年10月に出した随筆集『인생수업』が、今に至るまで大変なベストセラーになっている。

ちなみに、「인생(インセン)」は「人生」、「수업(スオプ)」は「授業」。原題は『人生の授業』となる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る