ユチョン問題で注目される社会服務要員とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

現在兵役中のユチョンは、社会服務要員としてソウル市の江南(カンナム)区役所で勤務している。そもそも、社会服務要員とはどんな存在なのか。日本からわかりにくい韓国の兵役制度の中で、特に社会服務要員にスポットを当ててみよう。

RnXRRgnbOFlNmzq1466152676_1466152718

徴兵検査の兵役等級

ユチョンは徴兵検査を受けたときに、4級と判定されて補充役となった。このあたりから具体的に説明していこう。

徴兵検査では身体測定・健康診断・性格分析などが行なわれるが、専門医による最終決定によって、兵役対象者は7ランクの兵役等級に分けられる。

それは以下のとおりである。

◆1級~3級 現役兵

◆4級    補充役

◆5級    第二国民役

◆6級    兵役免除

◆7級    再検査対象者




まず、1級から3級までの判定を受けると、現役兵として軍務に就くことになる。5級の第二国民役というのは、「現役兵としての服務は無理でも、戦時には後方支援にまわることができる人」を意味している。つまり、平時には入隊しなくてもいいが、戦争が起こったら召集を受ける人たちである。

6級の兵役免除は、すべての兵役が免除される人であり、7級の再検査対象者は、1年後に再び徴兵検査を受けて最終判定が下される人である。

さて、ユチョンが判定された4級の補充役とは何なのか。(ページ2に続く)

「韓流スターと兵役」入門講座/第1回

「韓流スターと兵役」入門講座/第2回

義務警察の廃止はT.O.Pの問題とは関係がない

社会服務要員の気になる給料は?

社会服務要員となったイ・ミンホの兵役の今後は?

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る