朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

仁穆王后の怒りの訴え

血塗られた王位に座る光海君だが、そのツケを支払うときがきた。
1623年、大規模なクーデターが勃発したのだ。
主犯は、宣祖の孫の1人である綾陽君(ヌンヤングン)。彼は自分の弟である綾昌君(ヌンチャングン)が、謀反の罪で処刑されたことで、光海君に深い憎しみを抱いていた人物だ。
綾陽君は個人的な恨みでクーデターを起こせば、ただの反逆にしかならないことを理解していた。そんな彼が大義名分として掲げたのは、幽閉されている仁穆王后だった。




入念な計画が練られた綾陽君のクーデターは見事成功した。こうして、綾陽君は16代王・仁祖(インジョ)として即位するのだが、問題があった。
愛する息子を殺されて、自身も長年にわたって幽閉されていた仁穆王后が、執拗に光海君の処刑を訴えたのだ。いくら廃位となったとしても、先代王を簡単に処刑することは悪評に繋がりかねない。仁祖は仁穆王后の怒りを鎮めることに尽力する羽目になった。
なんとか、仁穆王后を落ち着かせた仁祖は、光海君を江華島(カンファド)に流罪として、最終的には都からもっとも遠い済州島(チェジュド)にまで流された。
共に流された妻や息子夫婦は流罪の苦しみから早々に命を落とすが、光海君は66歳まで生き抜いた。
すべてを失った王は、絶海の孤島で何を思って死んでいったのだろう……。

文=康 大地(コウ ダイチ)

光海君(クァンヘグン)は仁祖(インジョ)によって暴君にされてしまった!

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

朝鮮王朝の怪物国王!光海君(クァンヘグン)

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る