朝鮮王朝おもしろ人物列伝(3代王・太宗編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

寂しい晩年を過ごした元敬王后

太宗は、1382年に結婚して元敬(ウォンギョン)王后を妻として迎えた。元敬王后は、政敵の急襲をいち早く知らせるなど、夫である太宗をしっかりと支えていた。

とても頼りになる妻だった元敬王后だが、1400年に3代王として即位した夫に冷遇され、太宗の策によって実家が落ちぶれてしまったのである。太宗がそうした理由は、外戚を排除して王朝を長く存続させるためだった。しかし、その理由を知らない元敬王后は、怒りを露わにした。

その結果、太宗と元敬王后の夫婦仲は完全に冷え切ってしまった。確かに、元敬王后の支えによって、太宗は王になることができた。ただ、太宗からしてみれば、妻の実家も危険な勢力の1つだったのである。その標的となったのは元敬王后の兄弟だ。

1410年、元敬王后の2人の兄と2人の弟が処刑されてしまった。それを知った彼女は「王妃にならなければ……」と悲しみ、夫を激しく恨んだ。その後、太宗の側近たちから元敬王后の廃妃を望む声があがった。「これまで王妃に対し冷酷な態度を取ってきた太宗のことだから、確実に廃妃にするに違いない」と周りの人々は思っていた。




しかし、王の答えは「元敬王后を廃妃にしない」と周りの予想に反したものだったのである。だが、たとえ廃妃にされなかったとしても、実家を没落させられたことに対する元敬王后の傷が癒えるわけでもない。そんな寂しい晩年を過ごしていた彼女に、さらなる辛い出来事が起きる。それは、四男の誠寧(ソンニョン)が14歳という若さで世を去ってしまったのだ。元敬王后の悲しみは尋常じゃなかった。

そんな彼女の唯一の救いは、1418年に三男の忠寧(チュンニョン)が4代王・世宗(セジョン)として即位したことである。それを見届けたうえで、元敬王后は1420年に55歳で世を去った。(ページ3に続く)

イ・バンウォン(李芳遠)は実力で3代王・太宗(テジョン)になった!

https://goo.gl/KE4N4a

〔物語〕イ・バンウォン(李芳遠)の人生!朝鮮王朝の3代王

https://goo.gl/F6ftcu

イ・ソンゲ(李成桂)とイ・バンウォン(李芳遠)!朝鮮王朝を作った親子の確執

https://goo.gl/sCGNnT

イ・バンウォン(李芳遠)とチョン・ドジョン(鄭道伝)をめぐる悲劇!

https://goo.gl/eaSLkP

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る