K-POPの若手スターはどのように育てられるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の芸能事務所によって、K-POPの若手スターたちはどう育てられるのか。参考例として、日本でもよく知られている少女時代の結成過程を説明しよう。9人のメンバーは練習生の中でもエリート中のエリートだった。

T-2

練習生期間は平均5年間

芸能事務所のSMエンターテインメントが女性アイドルグループをデビューさせようとしたのは2005年だった。

以後、2年間に4回にわたって内部オーディションを行なって、メンバーを構成していった。そこで最終的に残った9人によって少女時代は結成された。

内部オーディションは、練習生という予備軍を対象に行なわれた。公開オーディションで選抜された練習生はダンスと歌はもちろん、演技と外国語を学ぶ。その費用はすべて事務所が負担する。

この練習生の中でもデビューの機会を得られるのはほんの一握りで、多くはデビューすら出来ないまま、諦めてしまう。たとえデビューできても、練習生は長い時間辛抱しなければならない。




少女時代のメンバーの練習生期間を見ると、一番長い場合が7年6カ月、一番短いメンバーが2年7カ月で、平均が5年間である。

このように長い時間が必要なのは、企画したチームに合う練習生をじっくりと選ぶからだ。つまり、練習生の身になれば、事務所が自分に合うチームを企画するまで待つしかないのだ。

事務所からすれば、長い時間観察してその能力とキャラクターを十分把握している練習生だけを選んでふさわしいチームに入れるため、企画出来るチームの幅も広くなり、また安定したメンバーで構成することができる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る