『テバク』を選んだチャン・グンソクの成否は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国では5月31日の放送で第20話が終わった『テバク』。いよいよクライマックスに向けて、物語は最大の佳境を迎えていく。主役テギルを演じるチャン・グンソクにとって、このドラマを選んだ成果はどのようなものだったのだろうか。

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

視聴率は初の7%台

書きたいことは山ほどあるが、ネタバレにつながることは控えたい。まだ『テバク』を見ていない人にとって、ストーリーをばらされることほど面白くないことはないだろう。けれど、これだけは書いておきたい。脚本のご都合主義のことだ。

脚本を担当するのはクォン・スンギュ氏。過去に『ペク・ドンス』と『火の女神ジョンイ』の脚本を書いており、大がかりなストーリー設定に定評がある。




実績がある脚本家の作品であることは確かだが、今回の『テバク』を見ていて違和感を持つ場面が何度かあった。

たとえて言うと「引っ張るだけ引っ張っておいて、最初の設定が違っていたと急に言われるような展開はいかがなものか」ということ。『テバク』の視聴率は第19回で7.7%という初の7%台まで落ちたが、その原因は脚本がご都合主義に陥ったからだと推測する(視聴率は韓国ニールセンの全国統計)。5月31日に放送された第20回で視聴率が8.1%に上がったのがせめてもの救いなのだが……。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る