公益判定のイ・ミンホの兵役は? 社会服務要員とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ミンホの所属事務所であるMYMエンタテインメントによると、イ・ミンホが兵務庁から「社会服務要員(公益勤務要員)」の判定を受けたという。これによって、彼が21カ月の兵役期間(陸軍の場合)に、実際に軍隊で軍務を行なうことはなくなった。

N0QNziEr8IED2E81463647356_1463647396

過去に重傷を負っていた

今回の報道によって、イ・ミンホが2006年8月に大事故に巻き込まれていた事実が明らかになった。

当時、イ・ミンホは友達と旅行に出ていた。

そのとき、飲酒運転の車がセンターラインを越えて、イ・ミンホが乗っていた車と正面衝突してしまった。




この事故によって、イ・ミンホは内腿の骨が折れて、足首の骨もくだけ、右膝の軟骨が裂かれて全治7カ月の重傷を負った。

これだけ大きなケガだったので、いまだにイ・ミンホの脚には矯正用のボルトが埋め込まれている。

韓国男子の兵役を担当する兵務庁が実施した身体検査を受けたイ・ミンホは、過去の重傷を理由に公益判定を受け、「社会服務要員(公益勤務要員)」になるという。これは当然のことであろう。いまだに脚に古傷があるイ・ミンホを過酷な軍務に就かせるのは無理がある。徴兵検査を担当する専門医が適切に判断したのである。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る