ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第9回〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

第9回 映画に初主演する予定だった

『愛の挨拶』でデビューして人気俳優となったペ・ヨンジュンは、その後も『若者のひなた』『パパ』『初恋』に主演。若者の揺れる心を瑞々しい感性で表現して人気を不動にしていた。そして、『愛の群像』では、今までにない難しい役を全身全霊を傾けて演じきった。視聴率はあまりよくなかったが、熱狂的に支持してくれるファンの声援を受け、演技者としても今まで以上の手応えを感じた。

Y. ¹è¿ëÁØ ÅÅ·±Æ®

体力トレーニングに励む

『愛の群像』の出演を終えたペ・ヨンジュンは、いつものように体力強化に精を出していた。

たとえ、長期間の撮影予定がなくても、ただの休養に当てずにジッとしていないのがペ・ヨンジュンである。

彼は常に「今より一歩進んだ自分」でいたいと思った。トレーニングもその一環なのであった。

1999年8月3日付けの「イルガン・スポーツ」は、「ペ・ヨンジュンは今……」という見出しを掲げてペ・ヨンジュンの近況を伝えていた。

その記事は、詳細なインタビューで構成されていた。ここに、その一問一答を再現してみよう。




……歩き方がちょっとおかしいようですが。

「左足をちょっとケガしてしまったんです。半月ほどになりますが、からだ作りのためにトレーニングをしていて傷めてしまいました。深刻なものではなく、筋肉がちょっと驚いた程度ですよ。以前にケガしたのは右足だったけれど、今はただ『あいにくだなあ』という気持ちですね(ペ・ヨンジュンは19977月、全治3カ月の重傷を右足に負ったことがある)」

……どんな運動をどれだけしているんですか。

「以前はウェイト・トレーニングでもどんどん重い物を持ち上げていて、そのおかげで筋肉がかなり付いたのですが、最近は軽い物をたくさん持ち上げています。とにかく、しっかりした体型を作っているところですよ」
(ページ2に続く)

ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第10回〕

ページ:

1

2 3 4

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る