ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第8回〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

ÅÅ·±Æ® ¹è¿ëÁØ.2001.4.2.Á¤Àç±Ù cjg@

第8回 KBS以外のドラマに初主演

ケガが回復したあと、しばらく休養をとったペ・ヨンジュンは、10カ月ぶりにドラマの世界に戻ってきた。それが、『裸足の青春』だった。扮したのは、組織暴力団のボスの息子という出生の秘密を持った青年ヨソク。警察大学の学生から組織暴力団の後継ぎまで波乱万丈の青春を演じた。

ケガの後遺症

ペ・ヨンジュンはどんな気持ちで『裸足の青春』と向き合っていたのか。1998年2月17日付けの「イルガン・スポーツ」は、当時のペ・ヨンジュンの心情を細かく報じている。

そのインタビューの発言を引用してみよう。

……「初恋」のときよりも、相当やせたようですね。

「ドラマで演じたヨソクの性格に合うように、5キロ減量しました。いつもは77・5キロの体重が72キロになりました」




……カメラの前に立つことが久しぶりでしたが違和感は?

「初めはカメラレンズだけでなく、その周辺も視野に入らないほど違和感がありました。それでも、うまく転じるのも才能の一つだと思いますし、今では昔の感覚を取り戻していますよ」

……足首がまだ完全ではないとのことですが、野外撮影に支障はありませんか?

「足蹴りなどのアクションシーンは簡単ではありませんが、代役なしですべて消化しました。特に、走る列車に飛び乗る場面では、監督が代役を使おうと言ってくださいましたが、現実感を出すために直接走りました。40~50メートルほどの距離を3回ほど走りましたが、ケガの後遺症からか、かなり痛みを感じましたね」
(ページ2に続く)

ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第9回〕

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る