ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第6回〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

2041120q2546881[1] (2)

第6回 ドラマ『初恋』に出演

『パパ』に出演したペ・ヨンジュンは激務の撮影で疲労困憊となり、1996年1月下旬に入院する羽目になってしまった。しかも、話にどんどん尾ひれが付いて引退騒動にまで発展した。大変なことが起こってしまったが、それもペ・ヨンジュンの人気が凄かったからである。

撮影の疲れで体調を崩す

1996年2月14日付けの「イルガンスポーツ」は次のように紹介している。

「ペ・ヨンジュンが出演している『パパ』の撮影が終わろうとしている1月26日、ヨイドの病院に入院して精密診断を受けた。

そして、今後は渡米して誰にも知られないところで静かに過ごすということが2月13日に明らかになった。

ペ・ヨンジュンは最低でも半年は休養する予定で、この期間に国内で彼の姿を見ることはできないと思われる。




ペ・ヨンジュンのこのような電撃決定は、1994年秋にデビューしてから『連続するドラマ出演で、疲労が重なったため』というのが本人の説明である。ペ・ヨンジュンは最近貧血や消化不良などで体重が3キロ以上減り、疲労による症状も訴えていた」

こうした報道は、ペ・ヨンジュンがデビューして間もない頃から、撮影時に極度に疲労して体調を崩すことが多かったことを物語っている。

役柄への集中度が極限に達するほどだから、どうしても撮影の終盤にはやつれてしまうのであった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る