やはり「素敵な怪物」!東方神起ユンホが特級戦士になった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

陸軍の第26師団・軍楽隊で軍務に励んでいる東方神起のユンホが、非常に優秀な成績を収めた人が選抜される「特級戦士」になって大きな話題を集めている。この特級戦士とは一体どういうものなのか。具体的にわかりやすく解説しよう。

訓練が厳しい第26師団

ユンホが所属する第26師団の兵士たち(韓国陸軍公式サイトより)

ユンホが所属する第26師団の兵士たち(韓国陸軍公式サイトより)

そもそも、第26師団はソウルから北に車で1時間くらいの楊州(ヤンジュ)市にある。普通の歩兵師団と違い、戦車や装甲車を主に扱う。訓練が厳しいことでよく知られており、軍楽隊の他に憲兵隊、新兵訓練隊、偵察隊、医務隊をもっていて規模がとても大きい総合師団である。

この有名な師団のトップからじきじきに特級戦士として表彰されたのが、東方神起のユンホである。

彼は29歳のときに入隊したので、体力的にはハンディがあるはずだった。というのは、徴兵制で入隊する人たちは20歳や21歳の若者が圧倒的に多く、体力がありあまった年代層向きに訓練が組まれている。




10歳近く年下の人たちと同じ訓練をすると、30歳近くの人は体力的に苦しいのは仕方がなかった。

しかし、ユンホは違った。

彼は、新兵訓練でも最優秀訓練兵賞を受けている。これは、体力的に同期の中でトップクラスであることを意味している。この事実からも、ユンホが日頃からいかに身体を鍛えていたかがわかる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る