後輩俳優にリスペクトされるペ・ヨンジュン

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2007年の『太王四神記』以来、主演作がないペ・ヨンジュンだが、彼の俳優としての存在感は、後輩俳優たちにも大きな影響を与えてきた。特に、キム・スヒョン、チャン・グンソクという人気俳優が、自分の演技を磨くうえでペ・ヨンジュンから貴重なアドバイスを受けている。「リスペクト(尊敬)」。まさに後輩俳優たちがペ・ヨンジュンに向ける眼差しは、この一語に尽きるといえるだろう。

韓国芸能界の先輩後輩関係

ISgNyKGcp2Vc5v51462180206_1462180350

韓国の芸能界では、年齢による先輩、後輩の関係はかなり厳しい。儒教的な「長幼の序」を厳格に守る韓国社会の中でも、芸能界は特にその傾向が強いのだ。

しかし、これは窮屈なものではない。むしろ、先輩俳優は後輩俳優たちに演技の指導をしっかり行なっているし、後輩もまた先輩を敬い、謙虚に礼儀を尽くしている。そこでは、独特な共同体意識が培われているのである。

また、ドラマ制作時に俳優の拘束時間が長いというのも、俳優同士の連帯感に結びついている。

実際、韓国では1週間に70分のドラマを2回ずつ放送するのが原則なので、撮影日程は徹夜の連続になってしまう。こうなると、共演者はお互いに四六時中、顔をつきあわせることになり、まるで家族のような関係になることも多い。そういう状況がまた、俳優同士の仲がいいという韓国芸能界の特徴につながっているのだ。




必然的に、後輩俳優は先輩からアドバイスをもらう機会が増えるのだが、先輩の中で特に存在感が際立つのがペ・ヨンジュンだった。

たとえば、キム・スヒョンの例を見てみよう。

彼はペ・ヨンジュンがプロデュースしたドラマ『ドリームハイ』のサムドン役で注目され、国民ドラマとなった時代劇『太陽を抱く月』の主役で大ブレークを果たした。

キム・スヒョンは『太陽を抱く月』で行き詰まったときにペ・ヨンジュンから演技についてアドバイスを受けている。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る