朝鮮王朝おもしろ人物列伝(19代王・粛宗編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

張禧嬪を死罪した粛宗

その後、再び王妃となった仁顕王后は病により床に伏せることが多くなり、粛宗との子供を産むことのないまま1701年に世を去った。愛する妻の死を粛宗は悲しんだ。その翌月、叔嬪・崔氏は張禧嬪が王妃に呪いをかけていたことを話した。調べてみると、仁顕王后が住んでいた昌慶宮(チャンギョングン)の通明殿(トンミョンジョン)の周りから呪いの人形や小動物の死骸が見つかったのである。ただ、仁顕王后が亡くなった原因がその呪いによるものなのかどうかは定かではない。

それを知った粛宗は、激怒して張禧嬪に死罪を言い渡す。臣下たちは「世子の母親を死罪にするなんてとんでもない」と反対したが、粛宗は考えを改めなかった。




自ら毒を飲む羽目になった張禧嬪は、「死ぬ前に息子に一目会いたい」と願った。それを聞いた粛宗は、一度だけ面会を許した。その場にいた誰もが感動的な親子の対面を想像したと思うが、どういうわけか張禧嬪は自分の子の下腹部の辺りを思いっきり握って失神させてしまう。最後の親子の面会にしてはかなり衝撃的なことだった。

張禧嬪は「朝鮮王朝3大悪女」の1人と呼ばれているが、その一方で粛宗に翻弄された哀れな女性という見方もできる。粛宗は1720年に59歳で世を去るが、朝鮮王朝27人の王の中で、女性に関する問題をこれだけ多く起こしたのは彼の他にはいないと思う。

文=康 大地(コウ ダイチ)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る