2PMウヨン ドラマで発見!多彩な才能

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

釜山(プサン)には何度も行ったが、「気性が激しい男性が多い」という印象が強く残っている。そのイメージを引きずっていると、2PMのウヨンのプロフィールに「釜山出身」と書いてあるのを見て、一瞬「エッ」と思ってしまう。内面には“激しい情念”を潜ませているのかもしれないが……。

超然とした姿を自然に演じた

mMgqnPQQQdoSaBx1460682702_1460682744

2011年に『ドリームハイ』を見ているとき、ウヨンが演じるジェイソンの登場の仕方が謎めいていた。それだけに、余計に存在が気になって仕方がなかった。

その『ドリームハイ』は、2PMの生みの親であるパク・チニョンと同年齢のペ・ヨンジュンが意気投合して制作した作品だった。

2PMからは、テギョンとウヨンが選ばれた。

ウヨンが任されたのは、ダンスと歌に関して天才的な才能を持っているジェイソンの役。彼は優れた能力を持ちながらも特に周りを意識せず、ただダンスと歌を楽しんでいる。超然としたその姿をウヨンは自然体で演じていた。




「素敵な役をいただいたので、かならずいい演技をお見せします」

ウヨンはそう抱負を述べた。

序盤は出番も少なく、サブキャラの1人として認識されていた。しかし、回を重ねるごとにIU(アイユ)が演じるピルスクとのカップルが注目を集め、その相性のよさから「ウユ(牛乳)カップル」と呼ばれるようになった。由来はウヨンの「ウ」とアイユの「ユ」を合わせたものだ。

それほど視聴者に愛されたウヨン。「『ドリームハイ』の功績はウヨンの才能を発見したこと」と言う人も多く現れた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る