挽回の切り札!変身したチャン・グンソクの演技力

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

幸先のいいスタートを切った『テバク』だったが、第4話で視聴率がグッと下がってしまった。チャン・グンソクが背水の陣で臨んでいる作品だけに、彼のファンとしても心配が尽きないだろう。果たして、挽回はあるのか。その可能性をさぐっていこう。

物語の主導権が若手俳優に切り替わった

(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

3月28日から韓国SBSで放送が始まった『テバク』。初回の視聴率は11.8%で、第2話は12.2%だった(数字はニールセン・コリアの全国調査の視聴率)。

KBSの『町の弁護士チョ・ドゥルホ』とMBCの『モンスター』を抑えて、同時間帯で放送されていた地上波のドラマの中でトップだった。

しかし、第2週を迎えると、状況がガラリと変わる。

『テバク』の第3話は11.6%と良かったが、第4話は9.5%になってしまった。なんと、2.1ポイントも下がったのだ。

その結果、第4話で11.3%となった『町の弁護士チョ・ドゥルホ』に同時間帯ドラマの首位を奪われてしまった。




なぜ、『テバク』はこんなことになったのか。

問題の第4話は、物語の主導権がベテラン俳優から若手に切り替わった回だった。粛宗(スクチョン)を演じたチェ・ミンス、李麟佐(イ・インジャ)に扮したチョン・グァンリョル、淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏を演じたユン・ジンソに比べると、若き日の英祖(ヨンジョ)に扮したヨ・ジングやタムソ役のイム・ジヨンは、演技の上でぎこちなさを感じさせる場面があった。

圧倒的な経験の差があるので仕方がないのだが、視聴者にしてみれば、物足りなさが残った面はあるだろう。

それならば、主役のチャン・グンソクの演技はどうだったのか。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る