『テバク』歴史解説!登場人物の本当の姿

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒と賭博が大好きな王子

115

ヨ・ジングが演じるヨニングンは1723年に19歳だった(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

張禧嬪(チャン・ヒビン)が1701年に死罪になったあと、粛宗は新しい正室に仁元王后を迎えたが、側室だった淑嬪・崔氏は王宮から外に出されてしまった。このように、淑嬪・崔氏が冷遇されるようになったのは、粛宗が不信感を抱いたからである。当時、淑嬪・崔氏には他の男性との付き合いを匂わす噂があった。それが粛宗の怒りを買った理由に違いない。

王宮の外で暮らすようになった淑嬪・崔氏。彼女の息子ヨニングンは、のちの1724年に即位した21代王・英祖(ヨンジョ)である。

しかし、淑嬪・崔氏は息子が王になったことを知らなかった。1718年に亡くなったからである。享年48歳だった。

生前は、息子の教育に大変熱心だったようだ。『テバク』第4話でも、淑嬪・崔氏がヨニングンの頬をひっぱたく場面が出てくるが、実際にも躾けのためにそういうことがあったかもしれない。




叱られていたヨニングンは、1694年の生まれなので、1713年というと19歳になっていた。『テバク』では酒と賭博が大好きなように描かれているが、もちろん、史実ではそういうことはありえない。王の後継者ではなかったが、王子として相応の格式で育てられていたのだ。

なお、チャン・グンソクが演じるテギルは実在の人物ではないが、「実はわずか2カ月で早世した永寿君だった」と設定しているのが『テバク』の核心である。まったくありえないことだが、「万が一、そういうことがあったらどうだろうか」と考えるのが韓国時代劇の面白いところだ。

実在の人物と架空の人物がまじりあって、ストーリーがダイナミックに展開すれば、視聴者も見ていて楽しいだろう。

(文=康 熙奉〔カン ヒボン〕)

ページ:
1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●兵役

・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識

●雲が描いた月明り

●平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る