兵役解説!超新星ゴニルが行く部隊とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

除隊まで第3師団になるのか

DSC_9897

このところ、ユナクとソンジェを除いた超新星の4人の兵役入りがとても気になっていた。

超新星の所属事務所によると、“末っ子”のゴニルが4月26日に兵役入りするという。入隊する場所は江原道(カンウォンド)・鉄原(チョロン)の訓練所。ということは、陸軍・第3師団に入ることになる。

「かなり厳しい部隊に入ったなあ」

そういう印象だ。




陸軍に入隊する場合は、韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所で新兵訓練を受けることが非常に多いのだが、ゴニルの場合は、第3師団で直接新兵訓練を受けることになる。

第3師団は韓国の軍隊の中でも勇猛な歴史を誇る伝統的な師団であり、自分のところにしっかりした新兵訓練所を持っている。

ここで新兵訓練を受けると、そのまま第3師団の配下の部隊に所属することが圧倒的に多い。

ということは、ゴニルが第3師団で新兵訓練を受けると、除隊まで第3師団で軍務に励む可能性が高くなる。

率直に言って、「かなり厳しい部隊に入ったなあ」と即座に思ったのには2つの理由がある。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る