今ユチョンの作品を見るならば

このエントリーをはてなブックマークに追加

新作がない今だからこそ!

G-13

ユチョンが兵役入りしたのは、昨年の8月27日だった。彼は陸軍訓練所で4週間の新兵訓練を受けたあと、ソウルの江南(カンナム)区役所で勤務を始めた。軍務の代わりに公的機関で働く社会服務要員になったからだ。

兵役が終わるのは、来年5月の予定だ。まだ1年以上もユチョンの新しい活動を見られないのである。そうなると、彼が兵役入り前に残した作品をまた見たくなる。新作がない以上、今までの作品を何度も見て、ファンは彼と心をつなげているのだ。

そうした作品の中で、何が一番心に残っているか。大ヒットした『トキメキ☆成均館スキャンダル』や『屋根部屋のプリンス』をあげる人が多いかもしれないが、今回はぜひ『会いたい』(2012年制作)を取り上げたい。




これは、愛する人の手を離してしまった男が再び最愛の人と“会いたい”と願い続ける作品である。

とにかく、心をときめかす純愛ドラマだ。10代なかばに育んだ幼い恋が、運命に翻弄されて会えなくなる。そんな宿命を抱えた男女が“会いたい”という切実な願いをどのように実現させていくのか。

見ていて、本当にハラハラさせられるが、そのハラハラもまた快感なのである。

ユチョンが演じたのは、10代の頃の辛い体験を乗り越えて刑事になったハン・ジョンウ。共演は、ジョンウが会いたいと願ったイ・スヨンを演じたユン・ウネだった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る