チャン・グンソク/『テバク』に至る長い道(最終回)

このエントリーをはてなブックマークに追加

最終回 彼はキレイな男

『キレイな男』のファンイベントに登場!

ファンイベントを開催

2014年6月14日、ドラマ『キレイな男』の日本初放送を記念したファンイベントが東京国際フォーラムで開催された。

このドラマでチャン・グンソクは、女性なら誰もがこころ惹かれる美男子トッコ・マテを演じた。このマテは10人の女性と出会い、成功のノウハウを学んでいく。そんなマテに一目ぼれして尽くし続けるボトン役がIU(アイユー)だった。

ファンイベントの前日、東京都内に約200人のファンを招いた公開の記者会見が行なわれた。

このとき、チャン・グンソクは「演じた役柄に自分と似ている部分はありましたか」と聞かれてこう答えた。

「本当に性格が似ていたと思います。10人の女性と会うたびに新しいキャラクターを作れたことが、個人的に演技をしていて楽しかったですね」

さらに、チャン・グンソクはこう続けた。




「『キレイな男』というドラマを通して、20代のチャン・グンソクらしい姿をお見せできたと思います」

記者会見の最後にはチャン・グンソクが「僕はそんなにきれいですか」と言って、ファンから大きな拍手を受けていた。

どこまでも場を盛り上げてくれるスターである。

翌日のファンイベントは昼夜2回の公演だったが、約1万人の観客が訪れて「チャン・グンソクが作りだす楽しいワールド」に酔いしれた。

様々なゲームで見せるチャン・グンソクの豊かな表情が大いにファンの喝采を浴びていた。まさに、天性のエンタティナーの真骨頂だった。

このステージでチャン・グンソクは挨拶のときに「こんにちは、『キレイな男』の“キレイな男”です」とおどけてみせた。

客席からは笑いと拍手が巻き起こった。

この言葉は、キザにも聞こえるが、チャン・グンソクが言うと妙に納得してしまうから不思議だ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る