チャン・グンソク/『テバク』に至る長い道(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第2回 たゆまぬ向上心

表情豊かなチャン・グンソク(写真/「ロコレ」編集部)

表情豊かなチャン・グンソク(写真/「ロコレ」編集部)

日本の映画に出演

前回は、チャン・グンソクが『ファン・ジニ』に出演するまでの話だった。今回は、それ以後である。

2006年前後のチャン・グンソクは、果敢にいろんなことに挑戦した。自分の名前を冠したラジオ番組『チャン・グンソクのヤングストリート』の進行役をしたり、テレビ歌謡番組のMCをしたり……。

さらには、『着信アリFinal』で日本映画にも出演した。この作品は『着信アリ』シリーズの最終作で、突然送られてくる呪いのメールを誰かに転送しなければ死んでしまうという設定のホラー映画。チャン・グンソクは、謎の死を迎えた女子高生に疑問を感じ、真相を解き明かすために奔走するジヌを演じた。

このジヌは聴覚障害者で、セリフの代わりに、手話やジェスチャーなどですべてを表現しなければならなかった。

「予想より難しかったです。演じるにあたって、観客を驚かすだけでなく、心理的葛藤も与えたいと思っていました。演技中はとても苦しくて、つい話をしてしまいたかった場面も多かったですね」




チャン・グンソクは、ベテラン俳優でも難しい役を見事に演じた。しかし、彼は「100点満点中の60点」と辛口の評価を下した。

「もう少し上手に演じられたらよかったのに……。後悔をたくさんしました」

そう語る姿には、俳優としてのあくなき向上心が見えた。

このときの経験はチャン・グンソクの大きな財産になった。彼は誠心誠意がんばる日本のスタッフを見て、自分も俳優として誠実な演技ができるようにしようと思った。

彼はしみじみとこう語る。

「外国の作品への出演は、いつでも前向きに考えています。大切なのはどの国で演じられるかではなく、自分が演じたいキャラクターなのかどうかです。自分が面白いと感じたら、どこででも演じたいと思います」

彼にとって、舞台は世界に広がっていた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る