反省中のソンモにぜひユナクが励ましを!

このエントリーをはてなブックマークに追加

4人を気づかうユナク

超新星でリーダーシップを発揮するユナク

飲酒運転を起こしてしまった超新星のソンモ。その影響が各方面に及んでいる。

ソンモが主演した映画『僕たちの日記』が日本で近日中に公開される予定だったが、映画の制作会社によると「日本の配給業者から日本での公開に否定的な結果を通告された」とのことである。

先行きは不透明だが、公開が延期されるのは避けられない。

こうした事態になって、ソンモはどれだけ自分が仕出かしたことの責任を痛感しているだろうか。針のムシロに座らされているような心境で反省の時間を過ごしているに違いない。

そんなソンモに対して、ユナクはどうな言葉を掛けてあげているのか。




2月下旬に東京・代々木第一体育館で行なわれたイベントで、3月に兵役入りを発表した4人(ソンモ、グァンス、ジヒョク、ゴニル)を誰よりも気づかっていたのがユナクだった。

彼はステージでこう語っていた。

「この4人を見送ることがすごく寂しいし、何倍もプレッシャーを感じています。まだまだ、たくさん足りない僕たち6人ですが、これからも頑張ります。21カ月後、また6人でみなさんにお会いできることを願っています」

グループの最年長として、ユナクは3月に入隊する4人のことを心配していた。

それは、すでに兵役を終えた身として、経験をふまえて様々なことがわかっていたからだろう。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る