『テバク』で髭を付けないチャン・グンソク!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 監督が語る理由1

3月28日から韓国SBSで放送が始まる『テバク』。チャン・グンソクの主演と、ヨ・ジング、イム・ジヨン、チェ・ミンス、チョン・グァンリョルという豪華共演陣が話題を呼んでいる。

このドラマでチャン・グンソクが演じるのは、王子として生まれながら捨てられて最下層の身分に落ちたテギル。彼はイカサマ師となって、弟にあたる朝鮮王朝21代王・英祖(ヨンジョ)と国家を賭けた大勝負を展開する。

なんともスケールが大きなドラマだが、テギルに扮するチャン・グンソクは劇中で髭を付けないことが明らかになった。




当初はテギルが髭を生やす案も検討されたのだが、やはりチャン・グンソクは髭がないほうがいいという結論に達したのである。

この点に関して、ナム・グォン監督はこう述べている。

「本来なら時代劇で男性は髭を付けるものです。けれど、チャン・グンソク氏まで髭を付けると、ドラマが男性的になりすぎるんです。なにしろ、テギルはラブロマンスの主人公です。しかも、みなさんが持っているチャン・グンソク氏のイメージと髭が合わないようにも思えます」

ナム・グォン監督の指摘は理解できる。端正な顔だちのチャン・グンソクに髭は必要ない、と考える視聴者も多いことだろう。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る