日本のコリアを行く(埼玉・高麗編1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

巾着田を流れる高麗川

それにしても、高麗という朝鮮半島を彷彿させる駅名のところに、ゆかりのものが作られていることに特別な感慨を持つ。なぜならば、この高麗駅の周辺は、そもそも朝鮮半島から渡来した人々が1300年前に開拓を始めた地域だからである。そんな悠久の古代に思いを馳せながら、駅前から歩き始める。

この地域は、海抜60~90mの丘陵地帯である。歩いていればわかるが、起伏のうねりが複雑なためか、高麗川の流れはくねくねしている。ただ、高麗川の外縁は崖になっている部分が多い。その崖がちょうど防水堤の役割を果たして洪水を防いでいたのではないか。

それゆえ、人々は水害を心配せずに暮らすことができたのでは……。




特に、高麗川がその流れを最も大きく変えるあたりが巾着田(きんちゃくだ)である。川は大きく蛇行して円型を描くように水が流れていく。もともとは「川原田」という地名だが、山の上から見ると、川の流れがUの字に沿って巾着袋の形を描いている。そこで、人々は親しみを込めて「巾着田」と呼ぶようになった。

ここでは、川が蛇行している分だけ、長い年月の間に外縁の土地を浸食して崖を作っているが、内側は広い川原になっている。しかも、この川原には上流から運ばれてきた土砂が少しずつ堆積した。

現在、巾着田は曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の群生地域となり、秋になると見事な花畑となる。そのときは高麗駅は大変な賑わいとなり、徒歩15分ほどの巾着田まで人の波が続く。花も人も真っ盛りという雰囲気になるのだ。

(文=康 熙奉〔カン ヒボン〕)

日本のコリアを行く(埼玉・高麗編2)

日本のコリアを行く(埼玉・高麗編3)

日本のコリアをゆく(広島・鞆の浦編1)

日本のコリアをゆく(百済寺跡・鬼室神社編1)

日本のコリアをゆく(静岡・清見寺編1)

ページ:
1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る