ド・ギョンス主演の『100日の郎君様』!次々に起こる展開にワクワクする

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

EXOのD.O.(ディオ)として知られるド・ギョンスは俳優としても大活躍しており、『100日の郎君様』で堂々たる主役を演じている。彼が扮しているのは、朝鮮王朝の王族のイ・ユルである。

写真=韓国tvN『100日の郎君様』公式サイトより




記憶喪失になった世子

イ・ユルの幼いときから、『100日の郎君様』は始まる。
彼の初恋の人は高官の娘のユン・イソだった。
しかし、ユルの父が、悪徳高官のキム・チャオンが仕掛けた陰謀によって謀反を起こして国王になり、それに対抗したイソの父は殺害されてしまった。その騒動の中で、イソは行方不明になった。
16年後、世子となっていたユルだったが、世子嬪(セジャビン)と政略結婚しており、その妻の父であるキム・チャオンを敵視していた。
やがて命を狙われるようになったユルは、暗殺者に襲われる。
九死に一生を得て、善良な村人に助けられた。
しかし、記憶喪失になってしまい、以後はウォンドゥクという名前で村人として生きていくことになった。
とはいえ、元は王宮で育っているので、庶民のようにまともに働くことができない。薪わりすらできないのだ。




そんなユルと結婚することになったのがホンシムという村の娘だった。
この女性とは?
実は、このホンシムは、イソのことだった。
ユルが幼い頃に姿を隠した彼女は、苦難の日々を歩んだ末に、今は村の娘として全く違う人生を送っていた。
(ページ2に続く)

『100日の郎君様』のド・ギョンスの表情が楽しい!

『100日の郎君様』のド・ギョンスのとぼけたダメ亭主ぶりがどうなるか

『100日の郎君様』のド・ギョンスの役がユニークだ!

『100日の郎君様』のド・ギョンスの演技に大注目!

ド・ギョンス(EXOディオ)主演『100日の郎君様』に出た美しい靴は?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る