朝鮮王朝の有名な悪女の最後はどれほど悲惨だったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国時代劇によく取り上げられる「朝鮮王朝三大悪女」と言えば、それは張緑水(チャン・ノクス)と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と張禧嬪(チャン・ヒビン)のことだ。極端な形で歴史に名を残した彼女たちだが、その最期はとても惨めなものだった。




庶民に憎まれた悪女

張緑水は、10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室として知られた女性だ。贅沢三昧な暮らしに明け暮れ、暴君の燕山君と一緒に国家財政を危うくした。
結局、燕山君は1506年にクーデターによって王宮を追われたが、側室だった張緑水も暴君の追放によって命を奪われる結果になった。
彼女はよほど恨みを買っていたのだろう。首をはねられた後に、市中に遺体を放置された。その遺体に向かって人々が石をたくさん投げたので、そこに石塚ができたと言われている。ここまで庶民に憎まれた張緑水。彼女は実に悲しい女性だった。
鄭蘭貞は、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった文定(ムンジョン)王后の手先となった女性だ。
文定王后の弟が尹元衡(ユン・ウォニョン)で、彼も姉の引き立てによって大出世をしたのだが、その妾となったのが鄭蘭貞であった。




結局は、尹元衡の妻を殺して自分がその後釜に座り、さらには文定王后の意向を受けて数々の悪事を働いた。その中には、12代王・仁宗(インジョン)の毒殺も含まれていると推定されている。
(ページ2に続く)

「張禧嬪(チャン・ヒビン)よりトンイが悪女!」と言える3つの根拠

42人の王妃の中で一番の悪女だった2人とは誰か

『テバク』に出てくるトンイは悪女?

文定王后(ムンジョンワンフ)とはどんな悪女だったのか

韓国ドラマに登場する典型的な悪女とは?

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る