パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』が今年最高の話題作!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

映画『徐福』は韓国でも意欲作として注目されている。なにしろ、人類初のクローン人間をめぐる人間同士の暗躍を描いている。そのクローン人間に扮するのが、人気絶頂のパク・ボゴムだ。




強烈なインパクト

パク・ボゴムとコン・ユがダブル主演する映画『徐福』は2019年5月から撮影を行なっていたが、10月にすべての撮影を終えて、現在は編集作業に入っている。そして、2020年の上半期に公開される予定だ。
とにかく、内容が画期的だ。
主役がなんと、クローン人間なのである。
遺伝子の組み換えによって人造的に作られた複製人間であり、人類の未来を暗示するようなストーリー展開になっている。
コン・ユが扮するのは国家機関のエージェント。人類の命運を握ったクローン人間(パク・ボゴム)をめぐって様々な勢力が激闘するのだが、その中でコン・ユが演じるキャラクターも大いに奮闘していく。
撮影がよほど大変だったようで、辛抱強いコン・ユも「本当に疲れました」とため息をもらすほどだった。




彼はもともと寡作なのだが、『82年生まれ、キム・ジヨン』に続いて、映画に連続して出演することになった。
韓国映画は世界的にも注目されているが、その中で新しいジャンルに挑む意欲作の『徐福』は、強烈なインパクトをもたらすだろう。
2020年上半期の公開が待ち遠しい。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
講座『韓国芸能界と兵役問題/2〜3月入隊が予定される芸能人の最新動向』開催。2020年2月14日(金)19時〜20時30分。会場は新宿。受講料3,000円(税込)。BTS の兵役問題も解説します。
https://blog.goo.ne.jp/blueguide/e/292b316ec6641cf3fbd7391eaf832138

有望なSFジャンルでさらなる飛躍を期すパク・ボゴム!

監督がいま一番キャスティングしたい俳優がパク・ボゴム!

「試練」を「慈愛」に昇華させたパク・ボゴムの俳優人生!

コン・ユの言葉が胸に突き刺さる!

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る