大ヒット!快進撃を続ける『82年生まれ、キム・ジヨン』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

10月23日に公開された映画『82年生まれ、キム・ジヨン』。当初から前売り券の販売が絶好調で、スタートから凄い人気を維持している。やはり、ベストセラー小説の映画化が功を奏したのか。




37カ国に配給権を販売

2019年11月7日の段階で、映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の観客動員数は276万人を突破している。
まさに大ヒット。「コン・ユの出演作はヒットする」という芸能界の法則が今回も生きていた。
『82年生まれ、キム・ジヨン』ではチョン・ユミが主人公のキム・ジヨンに扮していて、コン・ユが夫のチョン・デヒョンの役を演じている。
なんといっても、原作が100万部突破の大ベストセラーという点が大きい。映画は撮影時から知名度が抜群だった。
しかも、コン・ユの人気も映画の大ヒットに寄与している。
さらに見逃せないのは、女性たちの共演を得られたことだ。
映画を見たあと、内容に共感する人たちがさまざまなレビューに好意的な意見を多数寄せている。




口コミで広がると、人気は加速していく。
すでに世界の37カ国に映画の配給権が販売されたという。その人気は韓国にとどまらず、日本や世界に広がっていくだろう。

文=「ロコレ」編集部

撮影が終了した『徐福』!コン・ユは「きつい撮影だった」と語った

コン・ユは『トッケビ』終了後の虚脱感をどう乗り越えたのか

コン・ユの言葉が胸に突き刺さる!

『82年生まれ、キム・ジヨン』の脚本を読んだコン・ユが泣いた理由は?

チョン・ユミが『82年生まれ、キム・ジヨン』でコン・ユと三度目の共演!

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る