BIGBANGのSOLとD-LITEが11月10日に除隊!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGのメンバーの除隊が相次いでいる。G-DRAGONが2019年10月26日に先に除隊したが、今度は、SOLとD-LITEが11月10日に除隊することになっている。




兵役期間の短縮

2018年の3月を振り返ってみよう。
BIGBANGのメンバーの中でSOLが3月12日に青星部隊の新兵教育隊に入り、D-LITEが3月13日にイギジャ部隊の新兵教育隊に入隊した。
両方とも最前線にある部隊である。
ひとたび戦争が起こった場合には、再び激戦地になる可能性が高い。それゆえに、韓国の陸軍でも精鋭の歩兵師団が駐屯している。
そうした部隊の新兵教育隊にSOLとD-LITEが入ったのである。
当時、BIGBANGのようなビッグネームのメンバーであれば、義務警察の広報団に入るケースが多かった。T.O.Pも当初は義務警察に入っている。
しかし、彼は過去の不祥事が明るみに出て、義務警察から社会服務要員に兵役の種類を変えている。
この事実によって、他のメンバーにも影響が及んだ可能性が高い。




つまり、義務警察の広報団という選択をせずに、むしろ最前線の部隊に行くことで、SOLとD-LITEは強い覚悟を示したのだ。その事情は先に最前線の部隊に入ったG-DRAGONも同様だった。
そして、彼らは厳しい軍務を務めあげて、ようやく兵役終了となった。
G-DRAGONが先に10月26日に除隊となり、今度はSOLとD-LITEが11月10日に兵役終了となる。
SOLとD-LITEの場合、本来なら2019年12月の除隊だったのだが、現在進行中の兵役期間の段階的な短縮措置によって、SOLが31日、D-LITEが32日の兵役短縮になっている。
それによって、SOLとD-LITEは11月10日という同じ日に除隊となったのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康熙奉の講演「韓流スターの兵役は今後どうなるか」を開催。11月23日(土)13時30分〜15時 会場は「ふれあい会議室 八重洲No14」東京都中央区日本橋3丁目3−3 加藤ビル4階No14 受講料は3,000円(税込み)。特にBTSやKポップのスターの兵役問題を解説します。詳しいことは下のリンクを見てください。
https://blog.goo.ne.jp/blueguide/e/af5a9211280f424ab66fd7ee574b56cc

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

除隊が近くなったBIGBANGの3人は軍隊でどう過ごしている?

BIGBANGの現役兵の3人は兵役を半分終えてどう過ごしている?

BIGBANGの現役兵の3人も体験する恐怖の「雪上訓練」とは?

BIGBANGの現役兵の3人!部隊の中でどう過ごしているか

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る