有望なSFジャンルでさらなる飛躍を期すパク・ボゴム!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

作品ごとに自分の俳優像を確立してきたパク・ボゴムが新たに取り組んだ映画『徐福』。コン・ユとの共演でも大きな話題を呼んだが、撮影も完全に終了し、今は編集作業に入っている。




新しい役にチャレンジ

現在、韓国映画で特に有望なジャンルと言われているのがSFだ。
CGなどを使ってスケールが大きなストーリー展開ができるメリットがあり、最近はヒット作も相次いでいる。
そういう背景があって、SF映画への投資も盛んになっている。それだけ資金が集まるので、超一流の俳優とスタッフを起用することができる。映画『徐福』はそんな環境に恵まれた作品だと言える。
この映画は、人類初のクローン人間をめぐる人間同士の暗躍を描いている。そのクローン人間に扮するのがパク・ボゴムだ。遺伝子の組み換えによって人造的に作られた複製人間であり、特異なキャラクターとなる。そんな役に扮するパク・ボゴムは「今までに前例のない役を引き受けた」と言える。
多くの批判が待ち構えていることも覚悟しなければならないが、パク・ボゴムは決して躊躇しない。新しい役にチャレンジしたいという前向きな気持ちがまさっているのだ。




このところ、パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で朝鮮王朝時代の世子(セジャ)になり、ソン・ヘギョと共演した『ボーイフレンド』では純粋な現代青年を演じた。
しかし、『徐福』では一転して人類初のクローン人間になっている。SFという有望ジャンルでどんなイメージをプラスしようとしているのか。
2020年上半期の公開が待たれる。

文=「ロコレ」編集部

監督がいま一番キャスティングしたい俳優がパク・ボゴム!

「試練」を「慈愛」に昇華させたパク・ボゴムの俳優人生!

3年経っても『雲が描いた月明り』のパク・ボゴムが秀逸!

去り際に手を振るパク・ボゴムには別世界に引き込まれるような哀愁がある!

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る