日本と違う韓国のビックリ44

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

第44回 韓国のアジュンマは心強い!

韓国ドラマを見ていると、市場の店や飲食店などでよく女性がたった1人で切り盛りしています。いかにも生活力がありそうなアジュンマ(おばさん)がドラマに出てきますが、実際の生活ではどうなのでしょうか。




ポッタリチャンサとは?

とてもパワフルな韓国の女性たち。家事や育児をこなしながら、自分で商売をしたりする人がたくさんいます。
その働き方も、それぞれ特徴があります。
たとえば、南大門(ナムデムン)や東大門(トンデムン)の市場に行くと、大きな声で元気よくお客さんに声をかけているアジュンマたちをよく見かけます。
彼女たちはポッタリチャンサ(担ぎ屋の商人)と呼ばれ、日用品や農産物を中国のように韓国より物価の安い国で買い付け、飛行機や船でそのまま国内に持ち込み、販売することが多いのです。
お店の広さは2、3坪ほどで、店内には所狭しと商品が並べてあります。
もちろん、交渉次第で値引きも可能。お客さんが来ない時は、他のお店の人たちと花札に興じるなど、茶目っ気もたっぷりです。
また、海苔巻店や食堂など、お店を開く女性もたくさんいます。このように、女性が年を重ねても一生懸命に働いています。




その一方で、男性が酒やギャンブルに溺れて働かないことが、韓国でも社会問題になったことがありました。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る