コン・ユの言葉が胸に突き刺さる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コン・ユは決して饒舌な人間ではないが、彼が静かに語る言葉には、聞いている人をドキリとさせる鋭さがある。『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』から『82年生まれ、キム・ジヨン』までのコン・ユの発言を振り返ってみよう。




まるで「迷える小羊」

『トッケビ』に出演を決めた当時のことをコン・ユはこう振り返った。
「私は、テレビドラマから何年も離れていました。良いお話はたくさんいただいたのですが、個人的に自信が持てなくてドラマの出演を断ったことがありました。実際に、ドラマより映画に興味を示したことも事実です」
しかし、コン・ユは『トッケビ』への出演を決断した。
「『トッケビ』で撮影した日々は、私にとってとても大切な時間でした。『コーヒープリンス1号店』のときと同じ充実感を感じることができました。そういう意味では、この10年という時間は決して無駄ではなかったと思います。この『トッケビ』は、私の30代を飾る作品としてずっと心に残っていくことでしょう」
コン・ユがこう語るとおり、『トッケビ』は彼にとって忘れられない作品になった。
2017年5月に行なわれた百想芸術大賞の授賞式でコン・ユはテレビ部門の男性最優秀演技賞に輝いた。




そのときのコメントが印象的だった。
「この場に立つのが怖かったのです。いろいろな人生を生きてきましたが、いまは混乱しています」
「私がどこにいて、私が誰なのか、私はいまどこへ行こうとしているのか……」
まるで「迷える小羊」になったかのようなコン・ユの言葉。晴れの授賞式にふさわしくないかもしれないが、自分を飾らずありのままに表現するのがコン・ユらしい。
(ページ2に続く)

コン・ユは『トッケビ』終了後の虚脱感をどう乗り越えたのか

『82年生まれ、キム・ジヨン』の脚本を読んだコン・ユが泣いた理由は?

40歳になったコン・ユは『黄金の40代』を築けるのか

コン・ユが示した教訓「芸能人はお高くとまってはいけない」!

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る