イ・ソジン主演のドラマと違って史実のイ・サンは毒殺されたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

22代王・正祖(チョンジョ)はドラマ『イ・サン』の主人公としてよく知られているが、韓国で歴史好きな人は「正祖は毒殺されたのではないか?」と疑っている。その背景を見てみよう。




まさに天敵

ドラマ『イ・サン』では正祖の毒殺説がまったく出てこなかった。
それは、イ・ビョンフン監督の意向が優先されたからだ。物語の最後に正祖が毒殺される場面を持ってくると、ドラマ全体の印象が暗くなるので、あえてイ・ビョンフン監督は毒殺説に触れなかった。
しかし、現実的に正祖が毒殺された可能性はきわめて高い。
そのあたりの事情を見てみよう。
1800年6月、正祖は重病になった。
しかし、彼は主治医に自分の診察をさせなかった。毒殺されることを極度に恐れていたからだ。
そんな状態だったので、正祖の病状も悪化するばかりだった。
そのとき、看病と称して出てきたのが貞純(チョンスン)王后だった。
この貞純王后は、正祖の祖父として著名な21代王・英祖(ヨンジョ)の二番目の正室である。




正祖の父の思悼世子(サドセジャ)は、当時の政治を牛耳っていた老論派(ノロンパ)の陰謀によって米びつの中で餓死したが、その際に裏で動いた黒幕の1人が貞純王后であった。
それだけに、正祖にとっても天敵に当たる女性だ。
とはいえ、形の上で貞純王后は祖母にあたるので、正祖もまったく手出しができなかったのである。
(ページ2に続く)

様々な工夫をこらしてイ・ソジンは『イ・サン』を盛り上げた!

『イ・サン』を歴史的な傑作に導いたのはイ・ソジンの主役決定!

イ・ソジンは『イ・サン』でどのように役作りを行なったのか

イ・ソジン主演の『イ・サン』はなぜ有名な毒殺説を採用しなかったのか

イ・ソジンが『イ・サン』の主演で特にこだわったことは?

イ・ソジンが語ると『イ・サン』がさらに面白くなる!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る