監督がいま一番キャスティングしたい俳優がパク・ボゴム!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『雲が描いた月明り』で颯爽とイ・ヨンを演じて、ドラマを大ヒットさせたパク・ボゴムは、いまや一番旬の俳優だと言える。大物の主役俳優たちが兵役に行っている間も、パク・ボゴムが存在感を見せて芸能界を盛り上げていた。

写真=tvN『ボーイフレンド』公式サイトより




彼が何を選ぶのか

パク・ボゴムは、ドラマ『ボーイフレンド』でソン・ヘギョと共演した後、現在は映画『徐福』でコン・ユと一緒に撮影に臨んでいる。共演相手が大物というところも、パク・ボゴムの勢いを感じさせる。
肝心なことは、パク・ボゴムにはそれほど時間が残っていないということだ。
彼は、2021年に兵役に入らざるを得ない。現在の兵役制度では、28歳までに入隊しなければならないからだ。
かつては30歳まで延期が可能だったのだが、2018年10月から兵役期間の短縮に伴って、延期の規定も厳しくなった。
一番勢いがあるときに兵役に入らなければならないというのは、パク・ボゴムにとっても苦渋の選択を強いられる。しかし、いまは兵役を終えた後もさらに大活躍している芸能人が多い。
兵役の経験が、その人にとって大きなキャリアになるのだ。




いずれにしても、パク・ボゴムが1年間フルに活動できるのは2020年までだ。そういう意味では、出演できる作品も限られている。
それだけに、なおさらドラマや映画の監督はパク・ボゴムをキャスティングすることを熱望している。
その中から彼が何を選んでいくのか。
パク・ボゴムの今後の作品に期待したい。

文=「ロコレ」編集部

「試練」を「慈愛」に昇華させたパク・ボゴムの俳優人生!

撮影快調!コン・ユとパク・ボゴムがダブル主演する映画『徐福』

去り際に手を振るパク・ボゴムには別世界に引き込まれるような哀愁がある!

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る