イ・ソジンは『イ・サン』でどのように役作りを行なったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国時代劇に出てくる朝鮮王朝の国王というと、玉座にじっと座っているだけ、というイメージがあった。そんな印象をガラリと変えたのが『イ・サン』だった。イ・ソジンが演じた正祖(チョンジョ)は剣の達人でもあった。




見事な剣さばき

イ・ビョンフン監督は『イ・サン』の中で正祖をスーパースターのように描いていた。なにしろ、刺客が襲ってきたら素手で対処し、その刺客を見事な立ち回りで返り討ちにしてしまうのだ。
演じていたイ・ソジンの剣さばきも見事であった。
そんなアクションシーンについてイ・ソジンはこう語っている。
「イ・ビョンフン監督から当初は『アクションシーンはそれほど多くないから、あえて練習の必要はない』と言われていたのですが、撮影が始まると、私のアクションシーンがとても多かったのです。それでも、初めのうちはほとんど自分で演じ、代役はあまり使いませんでした」
危険なアクションシーンを自分でやり通すというのは大変なことだ。幸いに、大きなケガはなく、かすり傷くらいで済んだという。
「私がケガをすると撮影に支障をきたすものですから、イ・ビョンフン監督から代役を使うように勧められました。それより、王になってからはアクションシーンがかなり減りましたね」




確かに、アクションシーンが減ったのだが、その代わりに、人間味のある国王としての印象が強くなった。
役作りについてもイ・ソジンはこう述べている。
「最初は歴史書など資料を読みました。ところが、イ・ビョンフン監督から『あまり資料を読むな』と言われました。書籍によって観点も変わるし、固定観念ができることを心配されたようです」
(ページ2に続く)

イ・ソジンが『イ・サン』の主演で特にこだわったことは?

イ・ソジンの主演によって『イ・サン』は名君の一代記として成功した!

イ・ソジンが語ると『イ・サン』がさらに面白くなる!

イ・ソジンが主役の『イ・サン』を成功させたイ・ビョンフン監督の手腕とは?

イ・ソジン主演の『イ・サン』と『トンイ』をつなぐ鍵となる宝飾品は?

『イ・サン』でイ・ソジンが見せたセンス抜群のエピソードとは?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る