「試練」を「慈愛」に昇華させたパク・ボゴムの俳優人生!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国でパク・ボゴムが評されるときは、「爽やかな青年」という表現がよく使われる。彼を見ていると、恵まれた環境でスクスク育ったように思われるのだが、実際はまったく逆だった。パク・ボゴムは試練を乗り越えて大きく成長したのである。




今の彼があるのは?

パク・ボゴムは1993年に生まれた。
小学生のとき、最愛の母親が亡くなった。
中学生のときには父親が起業したのだが、事業に失敗してしまった。中学生なのに連帯保証人になっていたこともあり、パク・ボゴム自身も借金を背負うことになった。
さらに彼は、俳優活動を始めたあとも、負債のために自己破産をせざるをえなかった。このように、10代の頃からパク・ボゴムには様々な試練があった。
それでも、彼は卑屈にならなかった。
むしろ、他人への思いやりや前向きな人生観を身につけたのである。
「神様はその人のために、がんばれば乗り越えられる試練を与える」
そういう言い方がある。
パク・ボゴムも、自分が試練に負けないでがんばったからこそ、今の彼があるのだ。
つまり、「爽やかな青年」は自然に生まれたわけではない。悲しんで、挫折して、苦労して……その末に、パク・ボゴムは多くの人に愛される慈愛の精神を身につけた。




それは、演技のうえでも生かされている。
たとえば『雲が描いた月明り』。主人公のイ・ヨンは苦労の連続だったが、決して諦めず、困難に打ち勝っていった。それは、演じたパク・ボゴムの人生そのものであった。
今後も、パク・ボゴムは様々な作品で粘り強い主人公を演じてくれるだろう。試練を乗り越えた彼は、強い精神力を持って今後の俳優人生を歩んでいく。

文=「ロコレ」編集部

撮影快調!コン・ユとパク・ボゴムがダブル主演する映画『徐福』

必読!パク・ボゴム主演『雲が描いた月明り』を理解するための歴史解説

去り際に手を振るパク・ボゴムには別世界に引き込まれるような哀愁がある!

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る